プロジェクトについて

プロジェクトについて

難治性の感染症を引き起こす薬剤耐性菌の増加には、医療に限らず畜水産における抗菌剤の濫用が指摘されています。特にベトナムでは、近年、住民の耐性菌保菌率が著しく増加しています。

本研究では、薬剤耐性細菌発生機構の解析ならびにその蔓延に関与する抗菌剤や関連諸要因を研究解明し、これを基盤とした耐性菌モニタリングシステムの構築を行い、それにより耐性菌の蔓延抑圧を図ります。  研究代表者:山本容正

やさしい解説シリーズ

最新スケジュール

ニュース&トピックス

2017年02月20日
大阪大学副学長がプロジェクト来訪
2017年02月17日
最終現地活動ハノイ・HCM・カントー
2017年02月15日
日本公衆衛生協会がNIN視察
2017年02月08日
保健省大臣が共同研究ラボ視察
2017年01月27日
論文が受理されました